潤睡ハーブ,効果,体験

 

私が潤睡ハーブを知ったのは、睡眠障害について調べていた時でした。
気を使う仕事で、時間の拘束だけの話であれば他にももっと大変な人もたくさんいると思いますが、もともと体力のない私は、すぐに疲れがたまってしまいました。
それでも仕事を休めるわけでも夜早めに布団に入れるわけでもなく…という生活を続けていたら、寝ても疲れが回復しないような感覚になってきてしまいました。
完全回復するには最低でも2週間は休みたい…でも休めるわけはない。朝に起きるのがどんどん辛くなって、特に精神的に疲れた次の日は、朝重いまぶたを開けても、まだ体がズタズタなような気さえしました
。なんとか重い体を起こして、騙し騙し仕事に出かけるのですが、もともと朝に弱かった私は家を出る時間もどんどん遅くなり、数分の遅刻を繰り返す事に。
鬱なのかな、と思い、鬱や睡眠障害についてネットで調べ始めました。
最近では睡眠障害についてももっと細かく、詳しく症状が認定されるようになってきているようで、私の感じているような苦痛も症例として載っていました。
何でも、今注目されている睡眠障害の新しい原因の一つに、必須アミノ酸の不足で体の回復がうまく行われないことがあるのだとか。
私もそれなりに食事に気を使ってはいましたが、そんなに料理上手でもないし、特に最近は疲れて家で料理を作れる状態ではないので、お弁当や外食が続いていました。
内容を読んでいくと私の状態に一番似ていたし、必須アミノ酸対策はやってみる価値があるかもしれない…

 

そんな中で色んなサプリの情報も出てきました。液体状の者や固形のサプリなど、一通りの商品の説明文には目を通しました。
潤睡ハーブもその中の一つです。私はあんまり訳のわからない物質を飲みたくはなかったのですが、潤睡ハーブであれば成分のほとんどがクロレラがということで安心できました。クロレラであれば、子どもの頃から母親が健康のためによく飲んでいて、私や弟もよく飲まされていました。淡水の中の藻の一種のようで、少し緑くさいような気もしますが、慣れた今となっては少し甘いような味とともに愛着のあるものです。
潤睡ハーブの口コミを読んでみても、効果がすぐには出なくても飲み続けていたらすごく元気になった!など、信頼できそうな体験談も出ていたので、買ってみることにしました。

 

毎月一袋の定期便でいざ買ってみると、すぐに封筒で届きました。地味に嬉しかったのは、簡単なものですが眠りの改善チェック表がついていたことです。やってみたら、シンプルながら飲んでいくうちにどんな変化が起きたかわかりやすかったです。
とにかくわらにもすがる思いで飲み始めて一番始めに違いに気がついたのは、一週間も経たない頃でした。今までであれば仕事が終わると既にボロボロで、食料調達だけしたらすぐに家に帰って倒れる、というパターンだったのですが、気が付いたら仕事後に少し余力があって別のことをしていたんです。その時は睡眠改善の実感まではなかったのですが、疲れが溜まり始めて以来初めての体験だったので、よく覚えています。これが潤睡ハーブの効果なのかも!?と、気が付いてから驚きました。
それからやはり1?2週間飲み続けていくうちに、朝の疲労感がどんどんなくなっていきました。
今では相変わらず仕事は大変ながらも、飲む量を自分で調節しながら、雪だるま式に疲労がたまることもなく健康に頑張れています。
立て直せたのは紛れもなく潤睡ハーブのおかげです。本当に、あの当時にに出会えてよかったです。